百十四銀行のATM手数料はいくら?提携ATM毎の違いや振込手数料、両替手数料も

百十四銀行は提携ATMの種類により利用手数料が異なります。また振り込み手数料はカードや現金、ATMか窓口かなどの条件と取扱区分によっても手数料が異なります。

これらの各種手数料の他に、両替手数料や銀行コードなどもご紹介します。

スポンサーリンク

百十四銀行について 読み方、銀行コードなど

百十四銀行は香川県高松市本店を置く地方銀行です。読み方は「ひゃくじゅうしぎんこう」。ナンバー銀行の中で最も大きい数字のナンバー銀行でもあります。銀行コードは「0173」です。

スポンサーリンク

百十四銀行のATM手数料一覧

百十四銀行の取り扱い可能ATMには、以下の種類があります。

  • 百十四銀行のATM
  • ゆうちょ銀行のATM
  • イオン銀行のATM
  • 提携金融機関のATM(阿波銀行・伊予銀行・四国銀行)
  • その他提携金融機関のATM

では、ひとつずつ見ていきましょう。

百十四銀行のATM手数料

※取扱い時間や利用可能な取引内容は、キャッシュコーナーの営業時間、使用機種などにより異なります。

ゆうちょ銀行のATM手数料

※カードによる振込、通帳及び硬貨の取扱い不可。

イオン銀行のATM手数料

※入金、通帳及び硬貨の取扱い不可。

提携金融機関のATM手数料(阿波銀行・伊予銀行・四国銀行)

※入金、通帳及び硬貨の取り扱い不可。コンビニATM及び提携金融機関以外が幹事となる共同ATMを除く。

その他提携金融機関のATM手数料

※入金、通帳及び硬貨の取扱い不可。

振込手数料一覧

百十四銀行の振込手数料についてです。銀行カードの種別やATMか窓口、ネットバンキングかなどによっても手数料は変わってきます。

百十四銀行カード

個人
当行宛(3万円未満)0円 (3万円以上)0円
他行宛(3万円未満)330円 (3万円以上)440円

法人
同一店内(3万円未満)110円 (3万円以上)220円
本支店宛(3万円未満)110円 (3万円以上)330円
他行宛(3万円未満)440円 (3万円以上)660円

他行カード

当行宛(3万円未満)330円 (3万円以上)440円
他行宛(3万円未満)550円 (3万円以上)660円

※カードでの振込みには、時間帯により時間外手数料が別途かかります。

ATM (現金)

当行宛(3万円未満)275円 (3万円以上)440円
他行宛(3万円未満)550円 (3万円以上)770円

※ATMでは10万円を超える現金の振込はできません。

窓口(帳票での振込)

同一店内(3万円未満)330円 (3万円以上)550円
本支店宛(3万円未満)330円 (3万円以上)550円
他行宛[電信・文書扱い共に](3万円未満)660円 (3万円以上)880円

データ伝送 資金移動 MT/FD

同一店内[伝送](3万円未満)0円 (3万円以上)0円
同一店内[MT/FD](3万円未満)110円 (3万円以上)330円
本支店宛(3万円未満)110円 (3万円以上)330円
他行宛(3万円未満)440円 (3万円以上)660円

インターネットバンキング(個人) モバイルバンキング

当行宛(3万円未満)0円 (3万円以上)0円
他行宛(3万円未満)330円 (3万円以上)440円

インターネットバンキング(法人)

同一店内(3万円未満)0円 (3万円以上)0円
本支店宛(3万円未満)110円 (3万円以上)330円
他行宛(3万円未満)440円 (3万円以上)660円

スポンサーリンク

両替手数料

百十四銀行では窓口での両替と両替機の利用ができます。

窓口両替(1件あたり)

1~100枚 220円
101~500枚 330円
501枚~1000枚 440円
1001枚以上 1000枚ごとに440円加算

(例)
1001~2000枚:880円
2001~3000枚:1,320円

両替機

両替機利用手数料 月額1650円
(両替機ご利用カードを発行)

まとめ

近くの114銀行取り扱いATMの場所を把握しておき、できるだけ利用料の安い時間帯に利用しましょう。金利の低い時代ですから、手数料ばかり取られていては、もったいないですからね。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。