ホリエモン新党のポスター3枚は違反じゃないの?

2020東京都知事選が告示され、過去最高22人の候補者が発表。都内のいたる所に公設掲示板も設置され、候補者ポスターが貼られているわけですが、そこになんと、ホリエモン新党のポスター3枚が並べて貼ってあります!こんなの見たことないけれど、これって違反じゃないの?そもそもどうしてこうなった?

スポンサーリンク

ホリエモン新党ポスター3枚貼りの衝撃

いま、都内の至るところでホリエモン新党ポスターを見かけます。

しかも、ポスター番号12から14の3枚貼りで、驚くのは12と14は同じホリエモン写真のポスターです。

初めて見たときは、正直「えっ!」と、思わず2度見してしまいました。

これっていいの? 違反じゃないの? 誰かのいたずら? ほんと、そんな感じ。

しかも、このホリエモンの写っているポスターを見た人は、絶対にホリエモンが立候補したものだと思うでしょうね。

実際、職場でも、「都知事選にホリエモンが立候補してるね!」という会話が飛び交っていましたから。

しかし、実際はホリエモンは都知事選に出馬していません。

一体…。

この謎は、3枚貼りポスターの真ん中の人が鍵を握っているようです。

スポンサーリンク

ところで、ホリエモン新党とは

そもそも、ホリエモン新党って何?って思いませんでしたか?

ホリエモンが政党を立ち上げ、都知事選に立候補するのかな?って、普通は思いますよね。

私も初めはそうなのかと思いました。

しかし、ホリエモンこと堀江貴文氏は、「特定の政党や候補者とは関係ありません」と自身のツイッターでツイートしています。

つまり、ホリエモン新党は、あくまでも政党の名前ということになりますね。

そんなホリエモン新党を立ち上げたのは、NHKから国民を守る党の立花孝志氏です。

ホリエモン新党の公約が、これまた…

ホリエモン新党も公約を掲げています。

その公約の内容とは、堀江氏の著書『東京改造計画』の37項そのままだそうです。

しかし、党首の立花氏自身は、この本を読んでいないんだとか!

うーん、いったい何がやりたいのか…。

スポンサーリンク

ホリエモン新党の候補者

ところで、3枚ポスター(12-14)の真ん中の立花氏は分かったとして、両隣の候補者はいったい誰なのでしょう。

それは、左側の12番が服部修氏(音楽教室経営)で、右側14番が堀江貴文氏の秘書である斎藤健一郎氏です。

…ん?

堀江氏の秘書が出馬している?

この時点で、ホリエモンが全く関係ないってこともないのか。

奇を衒ったビジュアルと話題性で注目を集めようとした、立花氏の戦略なのでしょうが、いまいち何がやりたいかよくわかりません。

真面目に戦っている他の立候補者はどんな気持ちなんでしょうね。

山本太郎氏や、現都知事の小池百合子さんにも、感想を聞いてみたいところです。

選挙ポスターの写真は候補者じゃなくても違反にならないの?

ところで候補者でない人物の写真をポスターにしてもいいの? 公職選挙法違反にならないの? という疑問が浮かんできますよね。

しかしどうやら、選挙ポスターは候補者の写真でなくとも、違反にはならないとのこと。なんだか不思議。

だからといって、ホリエモンの写真を勝手に載せるのは問題あるんじゃないの?

ところが、あまりこれが問題になっていないところをみると、ホリエモンも公認なの? それとも、これに噛み付くのは時間の無駄と思っているのか? その点については、わかりません。

 

選挙にYouTubeなどを使ってエンタメ度を上げるのは面白いかもしれませんが、度を越すと誰の得にもならないような…。

選挙は誰もが分かりやすいほうが投票率も上がるでしょうし、まともな政治につながるように思います。せめてポスターは候補者以外の写真は禁止にしてもいいのではないかと、今回の件に触れて思いました。

とりあえず、話題になったという意味では、立花氏の作戦はひとまず成功なのかもしれませんね。

もちろん、話題性だけで当選するわけじゃありませんが。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。